人生が変わる!男性こそ脱毛すべき理由!

ムダ毛が気になるけど、男性も脱毛すべき?

脱毛したいんだけど、男性が脱毛っておかしくない?

脱毛したら、清潔感が上がって印象がよくなるっていうけど、実際どうなのかな?

脱毛するべきか考えている男性の方で、このように考えて悩んでしまっている方も多いのではないでしょうか?

そんな悩める方へ、今日は男性が脱毛を行うとデータ的にも、清潔感があがり印象がよくなることをお伝えしていきます。

サービス業や接客業、営業等でいい印象を持ってもらい、仕事の成果が上がった

清潔感が出て、女性にいい印象を持ってもらえるようになった

という対人面での効果だけでなく、

ムダ毛に気を取られることがなくなった

ことで、

自分への不快感が消えて過ごしやすくなったという効果まで脱毛に成功すると得ることができることがわかるので、楽しみに読み進めて頂けたらと思います。

20代の7割は30代男性よりも自分のムダ毛を気にしている

ゴリラクリニックで20代~40代の男女630人にムダ毛に対する調査が行われました。

その結果、約6割(59.2%)が「自分のムダ毛が気になる」と回答しています。特に若年世代【20代の7割(69.7%)】は、30代男性(55.5%)/40代男性(53.2%)よりも「ムダ毛が気になる」と回答していました。

つまり、自分のムダ毛に対する不快感を感じているのはむしろ普通といえます。

女性の6割は男性のムダ毛が気になる

そして、男性のムダ毛に対して6割以上の女性(61.2%)が「男性のムダ毛が気になる」と回答しています。

女性世代別では、「20代女性(65.5%)」が最も男性のムダ毛を気にしているとの調査結果が出ています。さらに30代(58.6%)、40代(59.2%)と広い世代でムダ毛は気にしています。

このように、ムダ毛は自分も他人も気になると考えています。

脱毛によってムダ毛を処理することは、自分がムダ毛に感じている不快感を消し、女性に好印象を持ってもらいやすくなる、一粒で二度おいしいコスパのいい自己投資といえます。

時間がない男性は、脱毛で英会話を身につけることも可能になる

また、男性が髭剃りに毎朝かけている時間を10分ほどとすると

18歳から65歳まで髭剃りに使う時間は171550分。なんと、2860時間に相当します。

仮に600時間ほどあれば、

英会話ならそこそこの会話力が身に着けられる

武術なら、種目を選べば黒帯も目指せる

プログラミングなら自分でコードを書けるようにもなれる

筋トレなら腹筋は余裕で、バキバキにできる

ほどの時間です。脱毛に成功すれば、さらにその4倍の時間を買うことができます。

そうはいっても、脱毛って男性のすることじゃないでしょ?

ともしかしたら考えているかもしれませんが、みんながしていたら脱毛で得をしません。実際、脱毛によってひそかに得ができるデータが以下です。

【美容センサス2018年上期】≪エステサロン編≫の調査結果によると10代~30代の主力世代の利用結果

主力世代10代~30代の2018年上期のエステ脱毛利用状況

10代30人/600人中
20代136人/1,200人中
30代90人/1,200人中
合計256人/3,000人中

主力世代の10代から30代の3,000人について見れば、合計256人の男性がこの1年間にエステ脱毛を利用したということになります。これは数値として8.5%という割合ですので、「12人に1人程度の男性が過去1年間に脱毛サロンを利用した」と言い換えることができます。

6割以上の女性が男性のムダ毛が気になると回答しているのに、脱毛してムダ毛を整えている人はわずかです。

12人に1人であれば、脱毛をすればその他大勢の人と自分を差別化できるので、コスパのいい自己投資です。

これが男性も脱毛して当たり前の世の中になってしまってからだと、脱毛しても普通で終わってしまいますが、今なら身なりに気を使っているいい男としてなんとなく認識してもらえるようになります。

つまり、脱毛をすることで自分の不快感を取り除けるだけでなく、他人からも清潔感のあるいい男という印象を持ってもらえるのです。

脱毛をするとしてどの部位をするべき?

脱毛をしてコスパのいい部位についてもデータがあります。

自分がムダ毛が生えていて不快感を感じている部位については

②【男性回答・全体】「男性が許せない!自分のムダ毛ワースト5」①鼻毛 ②肛門の毛 ③ヒゲ ④脚毛 ⑤アンダーヘア
・20代:①肛門の毛(58.0%)②ヒゲ(50.7%) ③脚毛(44.9%)
・30代:①鼻毛(55.0%) ②肛門の毛(46.7%)③ヒゲ(43.3%)
・40代:①肛門の毛(52.3%)②耳毛(46.8%) ③鼻毛(36.7%)
◎【男性回答・全体】が不快に感じるワースト1は「鼻毛(50.3%)」! 世代別では、20代・40代のワースト1は「肛門の毛」!
◎加齢とともに男性が許せない「耳毛」!40代では2位にランクイン。20代と40代では33.8パーセント差
◎若年世代では「ヒゲ」が嫌と感じる男性が圧倒的多数で2位にランクイン。20代と40代では34.2ポイント差

ゴリラクリニック(医療法人社団十二会 新宿区)2018年6月29日から7月3日の5日間、20~40代男女630名(男性316名・女性314名)調査より引用

女性がムダ毛が生えていて不快感を感じている部位については

④【女性回答・全体】「女性が許せない!男性のムダ毛ワースト5」①鼻毛 ②胸毛 ③耳毛 ④腹毛 ⑤ヒゲ
・20代:①鼻毛(60.0%)②胸毛(52.9%)③ヒゲ(35.7%)
・30代:②鼻毛(58.6%)②胸毛(43.1%)③耳毛(41.4%)
・40代:③鼻毛(70.3%)②耳毛(43.8%)③胸毛(35.9%)
◎【男性は要注意!】女性全世代が不快に感じる「男性のムダ毛」ワースト1は、「鼻毛(63.0%)」!
◎ 加齢とともに女性が許せない男性の「耳毛」! 20代5位(31.4%)、30代3位(41.4%)、40代2位(43.8%)とランクイン

ゴリラクリニック(医療法人社団十二会 新宿区)2018年6月29日から7月3日の5日間、20~40代男女630名(男性316名・女性314名)調査より引用

と自他ともに鼻毛が堂々の一位ランクイン。上記調査結果によると、鼻毛処理が一番コスパのいい部位といえます。

ほかの部位では被る個所がないため、自分の不快感を消すことを優先するか、女性からの印象をよくしたいのかによってコスパのいい処理先が変わるといえます。

まとめ

男性も女性もムダ毛に不快感を感じているのが、普通の状態。

脱毛をすることで自分がムダ毛に感じている不快感を取り除けるだけでなく、他人や女性からの印象も良くなる。

脱毛をすると清潔感が上がるので、女性からの印象がよくなるだけでなくサービス業や、接客業など仕事上でもプラスの効果が得られる。

自分と他人が感じているムダ毛の不快感は部位によって違う。自分も他人も不快感を感じているムダ毛は鼻毛。

コロナ禍で、暇な時間が増えている今がチャンスです。

あなたもまずは、コスパの高い個所からムダ毛処理を始めてみませんか。


   

コメント

タイトルとURLをコピーしました